我が家では父がワキガ体質でした。
そのため「遺伝するだろうから思春期になったら気をつけなさい」と母親に言われていたものです。
ワキガ体質は優性遺伝なので、という話をされたのを今でも覚えています。
そして、残念ながら案の定、そのワキガ体質は遺伝しました。
父ほどではありませんが、私も、ワキガのにおいがすることがあります。
しかも、脇の臭いだけでなく、私は、裾ワキガでもあるということに自分で気が付いたのです。

ほかの女性と比べたことがあるわけではないのですが、明らかに、臭いがする、と自分で感じる程度です。
やはり思春期以降そのにおいが気になるようになってしまい、とてもつらいです。
特に生理前や、生理のあとは、においが強くなります。
周囲の人にも臭いが伝わっているのではないだろうか、と気になってしまい仕方がありません。
その時期は、仕事をしていても、デリケートゾーンの臭いのことばかり考えてしまいます。
どうしても集中できません。

「デリケートゾーンの臭い」って、本当に嫌なものですよね。
自分のものですら不快に感じるのですから、周囲に気が付かれたら、すごく不快にさせてしまうような気がして怖いです。
裾ワキガがない人が本当に羨ましいです。
しかし、残念がったり、羨ましがったりするだけでは、問題は解決しませんよね。
そこで対策として、ネットで調べて見つけた、クリアネオを使うようになりました。

すると自分で想像した以上の効果があったのです。
以前のように、
「どうしよう」「においが気になって集中できない」
と臭いで悩むことがなくなりました。
消臭効果のすごさに、自分でも驚いています。
もともと、臭い自体が「強烈!!!」というほどでもなかったので、効果が分かりやすかったのかもしれません。

裾ワキガで悩んでいる人は、他人にも相談できず困っていることと思います。
私も、ずっと、そうでした。
母親から「気をつけなさい」とは言われたものの、正直、その母親にすら相談できずにいて、いつも悩んでいました。
しかし、対策をすると、やはり臭いは変わってきます。
完全に消すというのは難しいかもしれません。
それでも市販の商品で改善できることがあるので、悩んでいる人は試す価値があると考えています。
私の場合はクリアネオが合っていましたが、人によって、合う商品も違うかもしれません。
もし、いま、悩んでいる人がいるのなら、まずは、対策用の商品を試してみることをおすすめします。